上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
絵を描くことは競争でした。
誰かの絵を見せてもらえば、喜んだりしながらも
この人の絵のここが嫌いとか、
あら探しをしている時期がありました。
それが自分にも向いてきたから、鬱々としてたときもあったなあ。

今でも自分の絵嫌いと思うときあるけど、

同じように漫画描く人たちで集まって絵を見せてもらったりした時は

画力とかなんとかはもう気にならなかった。

みんな上手で、自分もずば抜けて下手くそってこともなく。
(プロから見たらド下手くそかもしれんけどそれはそれが金になるかどうか懸かってる)
画力の先には個性が残って絵柄に表れてました。

上手下手通り越したら、あとは好きか嫌いかってだけ。

仕事も勉強も、最初はきついけど、
一通りできるようになれば楽しいこともあるよ。

と、高校生の自分とか悩む人に言いたいです。

量こなしたら自信つくよ。
ちょっとずつでも描いてれば量は増えるし、
人の絵写すのもためになるっぺよ。

と。


元気出してね(^▽^)
あなたはあなたのままで素敵!
スポンサーサイト
2009.09.06 | 日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。